LARS RECORDS

腰を据えて音楽を

plentyの解散に寄せて

f:id:saku_dot:20170919220845j:plain

2017年9月16日(土)、plentyが解散してしまった。

僕は運良くチケットを手に入れることができたので、日比谷野音に彼等の最後を見届けに行ってきた。

指定席・立ち見席共にソールドしていた会場の雰囲気は、9月中旬とは思えない気温と、すぐそこまで近づいてきていた台風の影響も合間って、やはり普段のライブとは異なっているように感じた。三千人規模の群衆にも関わらず、妙な静けさがあったと思う。

演奏が始まってからは、とにかくひたすらに曲を重ねていた。Vo.江沼くんが「時間の許す限り曲をやります」と短く言っていた通り、MCもほとんど挟まずにただひたすらと。「ファンと、それから音楽に対してすごく真摯だな、いいな」とそう思った。

この日改めて感じたのだけれど、plentyは曲がいい。楽曲の構成は基本的にシンプルだし、演奏も所謂「技巧派」のようなものを取り入れている訳でもない。彼等の肝はやはりメロディーだと思う。とっつき易いようで棘があるし、ひんやりしているのに暖かさがある。静と動、陰と陽がある楽曲が魅力的なように、二面性を兼ね揃えられた音楽には強さがある。シンプルな楽曲構成や演奏も「曲の良さを極限まで引き出そうとした結果」だと捉えれば合点がいくし。

ラストナンバーは「蒼き日々」。plentyの良さを全部詰め込んだような躍動感に溢れる美しい曲。この曲でplentyが終わってしまうと分かっていたから、やっぱり予想通りに涙が出た。音楽は有限だからこそ素敵なのだと思うけれど、このままこのアウトロがずっと続けばいいのになと思わずには居られなかったし、江沼くんが笑うように歌っていて、余計に寂しさが込み上げてきた。本当に美しいフィナーレだったと思う。

よく考えてみると、好きなバンドの解散はplentyが初めてだった。好きなバンドっていうのは、新作の情報をチェックしたり、CDやレコードを買ったり、ライブに足を運んだりと、対象に向かって自分から動けるバンドのこと。「バンドの解散」はTwitterのTLで日々目撃する。だけど、所詮目にするだけ。好きでもないから「解散かー、残念だー」くらいにしか思わない。だけど、好きなバンドの解散がこんなにしんどいとは思わなかった。帰りの電車の中で「もうライブが見れない、新しい曲が聴けない」っていうことに気付いたときに、解散の重みを知った。家に帰ってからも、とにかく心がしんどい。今日でライブから3日経ったけど、ふと我に帰ったとき頭の中でplentyの曲が流れてる。それで気付いた、自分で思っているよりもずっと、俺はplentyが好きなのだと。それでもっと悲しくなる。書けば整理がつくかと思ってこれを書いているけど、どうなることか。

バンドは生き物だと言われる事がある。本当にその通りだ。バンドの命には必ず終わりがあって、でもそれがいつ来るのかは、きっと当のメンバー達にも分からない。「次のツアーで見ればいいや」、そう思ってしまったが故に、二度と見ることができなくなるかもしれない。少し重苦しいかもしれないけれど、僕たちリスナーもバンドに対して、「これで最後になってもいいように」と真摯に向き合うことが必要なのかもしれないと思った。

江沼くんの「さようなら!」が耳に残ってる。

さようならplenty、ありがとう。

 


plenty「蒼き日々」from plenty 2015年 秋 ワンマンライブ 15.10.31 日比谷野外大音楽堂

タイでの1ヶ月生活-ライブ編-

f:id:saku_dot:20170803094242j:plain

どうも。

今年はフジだろって思ってたら、サマソニ周辺が意外と良くて嬉しい最近。特にソニックマニアがアツい。洋邦共にバランスいいよね。フォーメーションが特に楽しみ。

さて、タイでの音楽とのあれこれ、「タイでの1ヶ月生活ーレコ屋編ー」に引き続き、今回はライブ編。

ライブに足を運ぶことになったキッカケは、バンコクのレコ屋・bungkumhouse records。店長のゴーンさんにオススメしてもらったThe Eastbound Downersというバンドがすごく良かったんだけれども、このバンドは既に解散してしまっていた。ところがこのバンドのメンバーが別のバンドをやっていて、しかもレコ屋を訪れた日から1週間後に解散してしまうとの情報をゴーンさんが教えてくれた。これは行くしかないってことで、チェンマイ(タイ北部の都市)に行く予定を少し遅らせて、そのライブに行ってきたわけです。

バンド名は''Degaruda''。Youtubeで聴いてみるとゴリッゴリのハードコア。イーストハウンドより更に攻撃的なサウンドになってた。

ラストギグの会場は''Soy Sauce Bar''。「おいおい、ソイソースバーって(笑)」とはなったものの、会場自体は落ち着いた雰囲気の良さげな場所だった。ただ此処は名前の通り、アートギャラリーを兼ねたバーで、普段は絵画が展示されている空間でお酒が飲める場所。そう、ライブハウスじゃないんですよ。というよりも、タイにはライブハウスがないんですね。ライブをする場所はバーが多いみたいです。縦に長い会場で、フロアの広さは渋谷のO-Crestくらいだろうか。

f:id:saku_dot:20170803094451j:plain

f:id:saku_dot:20170803094437j:plain

次に驚いたのがチケット代。なんと200バーツ、日本円で600円ちょっと。儲ける気ないですね。ちなみにCDアルバムが1000円弱、Tシャツ一枚1000円弱。ライブ行ってCDとTシャツ買っても3000円出してお釣りが返ってくる。ちなみにチケット代と言ってもチケットはなくて、正確に言うと入場料。払った人は手の甲にマジックペンで✖️を書いてもらうんです。なんだかほっこりしてしまった。

f:id:saku_dot:20170803094314j:plain

イベントの概要としては、Degaruda含め8組くらいの出演者で構成されたちょっとしたフェスみたいな感じ。不思議だったのが、主催者でメインアクトでもあるDegarudaがトップバッターとトリの2回演奏していたこと。このパターン、日本では見たことがなくて新鮮だった。1回目の演奏は観客30名くらい。本人たちもリハ程度の感覚でやっていたように見えた。そこからはゲストの他アクトの演奏が続いていったんだけど、総じて言えることは楽曲のクオリティと演奏力の高さ。ほとんどのバンドが音源すら出していないことに驚いた。CD欲しいなと思うバンドも数組いたし。

気付くとラストのDegarudaに。トップバッターとして演奏したときとはまるで別のバンド。気迫と熱量がバンドの器に留り切れずに溢れ出して、フロアを呑み込んでいるように見えた。もちろん技術は変わらないはずなのに。人の心を揺らす音楽は魂の密度が高いんだということを体感できた。ライブが始まったときにスカスカだった会場は超満員。入りきらない人が表に溢れ出すくらいの集客でした。ここで驚いたことは、タイ国外の人たちの多さ。アメリカ、ヨーロッパ、中国、そして日本と多岐に渡ってた。あの光景にはグッときたな。 

f:id:saku_dot:20170803094307j:plain
left:Dioさん right:Topさん

イーストハウンドの元メンバーの人と話したかったけど、Degarudaの誰なのか分からなかったから、とりあえずボーカルのDioさんに話しかけてみるとまさかの張本人。イーストハウンドのCDを見せると「マジかよ!ファッキンクレイジーだ!」と凄く喜んでくれた。一緒に写真を撮ってもらい、DegarudaのCDにサインまでしてくれた。優しくて気さくないい人だったよ。

f:id:saku_dot:20170803113246j:plain

それからもう一つ、 ライブ会場でたくさんの日本人の方々と会えたことが嬉しかった。10人ちょっとだったと思うんだけど、みんながお互いに顔見知りで一つのコミュニティーになってた。ほとんどの人がタイに住み、仕事をしながら音楽活動をしているとのこと。その内のお二人と仲良くなったんだけど、1人は去年まで日本のWeb音楽メディアを運営してたnakajimaさん。名前は伏せるけど、そこそこ音楽を掘り下げている人なら知ってるであろうデカいメディアです。そしてもう1人はタイでバンドをやっているギタリスト・岩元さんなんですが、そのバンドのドラマーはLOSTAGEタイツアーで現地コーディネイターを務めた方。岩元さんもLOSTAGEタイツアーの際にメンバーと飲んだらしい。凄すぎませんか?音楽が繋げてくれたことに、ただただ感動でした。nakajimaさん夫妻と岩元さんには、ベトナムからタイに戻った際に食事に連れていってくれたり、岩元さんと一緒にセッションさせてもらったりと凄くお世話になりました。本当にありがとうございました。

f:id:saku_dot:20170803110424j:plain
アクトのみなさん

バー兼アートギャラリーでハードコアを鳴らしてる光景が最高にクールでした。場所を選ばず(正確には選べないけど)やれるところならどこでもやるっていう姿勢がいいなぁと。

つい先日、''AMRICAN HARDCORE''っていう80年代の米国におけるハードコアムーブメントをまとめたドキュメンタリー映画を見たんですが、まさにタイで感じたことがこの映画の内容でも描かれていました。やれるところがないなら、友達の家の裏庭だろうがバーだろうが何処でもやるんだっていう。

日本って東京はもちろん地方にもライブハウスがあって、良くも悪くも音楽をやる環境が整ってますよね。それを「日本は進んでる」「タイは遅れてる」と捉えることは簡単だけど、俺にはどっちが良いか判断することは出来ないなって思いました。少なくともこの日のライブで見たバンドの演奏は、何を歌っているかは分からなかったけど、しっかりと記憶に焼き付いてます。それは理屈じゃなくて、彼らの必死さや熱量に依るものだったと思うし、伝わってき易かったとも思う。音楽を表現する手段について考えさせられる貴重な体験になりました。

改めて、タイと音楽に乾杯を。

ではまた。

タイでの1ヶ月生活-レコ屋編-

f:id:saku_dot:20170623123310j:plain

どうも。

梅雨なのに雨が降らない日が続きますね。走ることを日課としている人間からすると非常にありがたい。

題名にタイという言葉がある通り、5月から1ヶ月と少しの間タイに行ってました(途中の1週間はベトナムにいた)。1泊700円以下のドミトリーに寝泊まりして、1食150円くらいの屋台メシを食べるっていう所謂貧乏旅ですね。好きな時間に起きて、腹が減ったら何か食べに街を歩いて、昼間っからビールを飲んでタバコ吸って、雨が降ればいつまでもベッドでゴロゴロして、眠くなったら寝るっていう、本能剥き出しの生活を。

タイの旅行記なんてものは、ググれば幾らでも転がってるんで書きません。書いたところで安メシ紹介ブログに成り下がるのが関の山だし。文章でまとめるのは、タイでの音楽との出会い。長くなりそうだから、レコ屋編とライブ編に分けて書いてみます。

そもそもタイに興味を持ったキッカケは、LOSTAGE Bass&Throatの五味岳久(以下:五味兄貴)のblogとInstagram。というのも、LOSTAGEは今年の2月にタイはバンコクで行われたCat Expoという音楽フェスに出演したんですね。ちなみにこのフェス、5万人規模のタイ最大級の音楽フェスみたい。写真で見る限りステージも結構な広さだったし。一昨年にはthe band apartも出演した模様。

そのフェスでの様子を逐一インスタに上げるんですよ五味兄貴が。写真からでも伝わってくるそのはしゃぎっぷりが可愛らしかったし、1日ごとに綴られるblogも活力に満ちていたし、そこで紹介されてた共演バンドがどれも良くて、単純に良さそうな国だなーと。その時は仕事してたし、すぐに行くことは出来なかったけど、同時期にタイ旅行をした友人の後日談を聞いてこれは行くしかないやろって。もともと3月末で当時の会社を辞める予定だったんで、今しかないってことで半ば勢いで行ってきました。なので目的を挙げるとすればタイの音楽に現地で触れること。

 

入国して5日目に早速レコ屋へ。現地のレコ屋については一応事前に調べておいたんですが、情報が少ないってのは元より、タイ語ばかりでそもそも分からない。どんなジャンルを扱っているのか、メインはレコードなのかCDなのか、それすら定かでないまま、店名とGoogle Mapだけが頼りでした。

それが「bungkumhouse records」。タイの中心部から少し離れた所在地、最寄駅はタイ高架鉄道BTSのEkkamai(エッカマイ)駅から徒歩10分程度。細い路地にある雑居ビルの4階で、この店の存在を知らなければ見つけることは難しいだろうなと感じました。でも、大々的に看板を出して「ここだよ!」って主張してるレコ屋より、こういうひっそりと佇むレコ屋の方が好き。いい音楽を揃えてるイメージもある。例えば名古屋のSTIFF SLACK、雰囲気だけでなく品揃え的にも近しいものがあった。

f:id:saku_dot:20170623123133j:plain

f:id:saku_dot:20170623123145j:plain

店内は結構狭め。ダブルベッド2台分くらい。10人客が入れば身動き取れなくなりそうだなって感じ。レコード9割、CD1割くらいのバランスで、総じてロックの比重高め。レコードに関しては特にインディー系が多い印象、とは言ってもビートルズからJAPANDROIDSの新作まで幅広く取り揃えている。CDについては、ほとんどがタイのバンド。CDをセロテープで壁に貼り付けてある辺りにタイらしさを感じざるを得ない。笑

f:id:saku_dot:20170623123257j:plain

f:id:saku_dot:20170623123245j:plain

気になったのは、事前に把握していた店名「1979 vinyl and unknown pleasures 」(以下:1979)と現在の店名が違っていたこと。Google Map上にも、1枚目の店外のぼり旗にも、上記の名前が記載されてた。レジに立っていた男性店員に聞いてみると、このお店は3年前に友人と2人で始めたこと、「1979」は開店当時の名前だったこと、その友人が辞めてしまい、1人で続けていくタイミングで現在の名前に変えたことを教えてくれた。つまり彼が店長のMr.Gone(ゴーンさん)。

日本から来たこと、そしてタイのロックバンドを知りたい旨を伝えると快諾してくれて、たくさんの曲を聴かせてくれた。タイ音楽の傾向としては、ポップからメタルまで、歌モノからインストまでと幅広く鳴ってはいるものの、インディー系、とりわけポストロックとシューゲーイザーが多数を占めているように感じた。タイで有名な日本のバンドがMONOとtoeだと教えてくれたけど、まさしくこの結果に結びついてる。最近はthe fin.が人気とのこと。ちなみにタイで最もポピュラーな日本人ミュージシャンは山下達郎らしく、特に「FOR YOU」というアルバムが有名で、彼も欲しいのだそう。「次タイに来るときはレコードを持ってきてくれ!交換しよう!」とまで言われた。笑 好きな日本のバンドを聞かれ、LOSTAGEだと答えるが知らない様子。2月に来ていたのになぁ。笑 アジカンは知ってるって言ってた。流石に知名度高い。

お客さんがいないので質問しまくる。

タイにおけるCD・レコードの現状。価格については日本円で新品CD約1,000円、新品レコード約4,500円。レコードがやたら高い。ただこれには、タイ国内にレコードのプレス工場がないという理由がある。元データを米国に送り、米国内のプレス工場にてレコードを製造、そこからタイへ輸入、というプロセスを経ているため、価格が跳ね上がるらしい。逆にCDは国内に製造工場があるためかなり安価。アルバム1枚1,000円なら比較的手が届きやすい。ところがどっこい、タイ人はレコードは愚かCDすら買わないらしく、原因はやはりYoutubeにあるみたい。これは日本の現状と変わらなくて歯痒い気持ちになったし、ゴーンさんの表情も些か暗かった。結局この日は3時間も居座らせてもらったが、その間の来客は僅か3人。それもタイ人ではなく欧米人ばかり。おかげでたくさん話すことができたんだけど。

f:id:saku_dot:20170619181946j:plain

f:id:saku_dot:20170619182842j:plain

このレコ屋を訪れて、異国の音楽に触れられたことは嬉しかったし大きな発見ではあったけど、何よりの喜びは母国語の異なる者同士でコミュニケーションが取れたことだった。もちろん、1ヶ月の旅の中で母国が違う人と会話をする機会はたくさんあった。旅の理由、仕事の話、家族のこと、恋人がいるかなんていう話までざっくばらんに。だけど、ゴーンさんと話した時間とその内容は、それらと比べられないほど大きく貴重なものだった。何故なら繋いでくれたものが音楽だったから。

これまで、レコードを買い、CDを買い、ライブに行き、ギター関連の機材を買い、スタジオに入りと、収入の多くを音楽に費やしてきた。Twitterは音楽の情報を仕入れる為にやってるようなものだし、暇さえあればレコ屋に足を運んでと、時間も音楽に注ぎ込んでいる。そんな生活をしていると、「自分は本当に音楽が好きなんだろうか?」「音楽が好きな自分が好きなんじゃないか?」、そんな疑問のような不安を抱く瞬間が何度となくあるわけ。だけどゴーンさんが、異国からの客人がしつこいくらいに質問しまくっても嫌な顔一つせずに、寧ろ嬉しそうに音楽を紹介してくれて、その曲たちを大きなスピーカーで聴いて、目が合うとお互い笑顔になってた。「音楽に国境は無い」なんていう言葉はクサいけど、良い音楽を共有しているその瞬間は、今いる場所が何処かなんて本当にどうでも良くて、ただその時間が堪らなく愛おしく素敵で涙が溢れそうになった。それまでの不安なんて吹き飛んでたな。音楽を好きでいてよかったって心から思った。

好みの音楽を伝えたくて「キーボードレス!」「シンセサイザーレス!」「タイトサウンド!」なんていう、咄嗟に出た陳腐極まりない言葉たちでも彼には伝わっていた。「好きなジャンルは?」っていう質問には「オルタナ!」「インディーロック!」、単語でも十分なんだ。ただ、「エモ(emo)」だけは何度言っても伝わらなかった。壁にOWENのCDが貼っ付けてあったから、思いっきり指差して「エモ!エモ!」って連発したら、「あ、イーモーね」って笑ってた。好きなジャンルの発音くらい覚えておくべきやな。

それから、ゴーンさんが勧めてくれた音楽がどれもセンス抜群。せっかくだから、その一部を紹介する。

 

 Yellow Fang / แค่เพียง(7inch vinyl)

f:id:saku_dot:20170706191652j:plain

店に入って最初に手に取った一枚。ジャケットに惚れて聴かせてもらったけど、内容も素晴らしかった。タイ人ガールズスリーピースバンド。調べてみると、2012年、2013年と2年連続でサマソニに出演してる。ドリーミーな音に泣きメロがよく映えてる。ちなみにこの7inch Analogは、写真右下のステッカーにある通りこのお店のRECORD STORE DAY限定商品。いいタイミングに行ったなと思う。Youtubeにbungkumhouse recordsが音源をアップしてたし、Apple Musicでも聴けるから登録してる人は是非。英訳すると「Only」だそう。(by Google翻訳

 

PANDA RECORDS 16TH ANNIVERSARY COMPILATION

f:id:saku_dot:20170706191701j:plain

タイのインディーズレーベル・PANDA RECORDSの16周年記念コンピ。このレーベルはかなりの名門らしく、お店にあったほとんどのタイバンドのCDがここから発売されていた。29曲も収録されているにも関わらず、日本円で約1,000円。これ儲けはあるんだろうか。その上レベルの高い楽曲ばかり、良い買い物。

 

Desktop Error / น้ำค้าง 

「Nam Khang」と読むらしい。これはすごい。「タイのマイブラ」とも称されている5人組シューゲイザーバンド。ただ、貼り付けたMVの楽曲が収録されているアルバムを聴いてみると、シューゲオンリーという訳ではなく、ポップ全開の歌モノから、タイの伝統音楽に寄せているであろう楽曲まで非常に幅広く、彼らの懐の広さが感じられる。タイ国内で相当な人気があるようで、バンコクのレコ屋とCDショップを5〜6店舗回ったが、どこも売り切れだった。ところがどっこい、ディスクユニオンのオンラインで購入可能!まさかと思い調べてみると、2013年に来日している…。しかも、東京・大阪・京都を回るツアーまで敢行していた…。アンテナは常に全開にしておかねば。ちなみに日本語に訳すと「露」。

 

The Eastbound Downers / Broken Hearts & Paper Cuts

f:id:saku_dot:20170711163746j:plain

「俺が好きなのはキーボードレス!シンセサイザーレス!タイトサウンド!だ!」と喚き散らした後に聴かせてくれた僕の趣味どストライクな一枚。ゴーンさん凄すぎやろって震えたのを覚えてる。ハードコアっぽさを残しつつも、聴きやすくまとまっていて、一曲目で虜になってしまった。売り物じゃない彼の私物だったのに売ってくれた。嬉しいね。そしてこのCDとの出会いが次の「タイでの1ヶ月生活-ライブ編-」へと繋がっていく訳。

 

まとめると、bungkumhouse recordsは素晴らしいレコ屋でした。音楽愛に満ち溢れた店長・ゴーンさんに会うためだけでも行く価値があると思う。もちろん取り揃えられた音楽たちも素晴らしい。バンコクに行く機会があれば是非!以下に店の詳細を簡単に。

bungkumhouse records(旧店名:1979 vinyl and unknown pleasures)

住所:Google Mapへのリンクhttps://www.google.co.jp/maps/place/1979+vinyl+and+unknown+pleasures/@13.7301538,100.578487,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x30e29fac8466c28d:0x3e1f272d5be21226!8m2!3d13.7301486!4d100.5806757?hl=ja

営業時間:13:00~21:00 定休日:月曜日

細く長く

こんにちは、さくです。

このブログでは、日々触れている音楽について書いていこうと思います。

普段、TwitterFacebook等を通じて色々な情報に触れる中で、思うことや感じることってたくさんあるけど、Twitterで軽く呟く程度で、それを外に出すってしてなくて。でも考えを文章にしてアウトプットすることって大切やなって、最近になって再認識しました。

特に近頃、酔っ払った時のツイート率が高く、醒めてから見て「うわっ…」ってなることが多いので自戒の意味でも。。。それに形にすると後から読み返すこともできるし。不定期ですけど続けていきます。

この前、自分のFacebookプロフィール欄を久しぶりに見てみたら、謎のURLが貼っ付けてあったんですね。開いてみたら大学生のときに書いてたブログでした。やってたんですね。

その中にアルバムの批評みたいなのが書いてあって、それがthe HIATUSの「A World Of Pandemonium」でした。彼らの3rd album。発売当時、このアルバムを聴いてワクワクが止まらなかった。希望が止めどなく溢れてくるような感覚に浸らせてくれたんです。

the HIATUSは、細美武士ELLEGARDENの活動休止後に始めたバンドなんですけど、メロコアパンクと呼ばれる音楽で圧倒的な地位を築いた人がこんな音楽やるのか!と。そもそも、当時邦楽ロック(いわゆるロキノン系)ばかり聴いていた僕にとって、日本人がこういった音楽をやること自体が凄く新鮮でした(聴いていなかっただけで勿論いたのだと思います)。Radioheadなんかは好んで聴いていたので、バンド形式でエレクトロ的要素やアートロック的要素を取り込んだ実験的な音楽は、なんとなく分かった気ではいました。

だからこそ細美武士がやっているバンドが、その類の音楽をやっていることに、日本の音楽シーンでそれが鳴ることに対して希望を抱いてました。日本の音楽もまだまだやれるじゃんみたいな。

ここで本作の幕開けとなるM-1「Deerhounds」を。


Deerhounds / the HIATUS

ここまで書いたことは当時の僕のブログにも書いてあって、感じてることや思っていることは、殆ど変わっていなかった。成長していないとも捉えられるし、音楽に対する思いや情熱が変わっていないとも捉えられる。どちらにせよ、僕は嬉しかった。

5年くらい経ってるけど、音楽に向かってる気持ちが変わらず燃え続けているんだなと。寧ろ貪欲に、寧ろ探究心が大きくなっているようにも感じられて安心しました。最近は聴く音楽の幅が広がってどんどん雑多になってるんで、ジャンルレスな内容を書けたらなと思ってます。

ちなみに、ブログ名は将来自分のレコ屋をやるなら付けたい名前です。

 ではまた。

 

A World Of Pandemonium

A World Of Pandemonium